849円 HL-5000 SPDT NO + NCモーメンタリロータリーローラーレバーアーム制御リミットスイッチ 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 制御部品 おすすめ特集 HL-5000 SPDT NO + NCモーメンタリロータリーローラーレバーアーム制御リミットスイッチ おすすめ特集 HL-5000 SPDT NO + NCモーメンタリロータリーローラーレバーアーム制御リミットスイッチ /marimonda734457.html,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 制御部品,NO,+,849円,HL-5000,NCモーメンタリロータリーローラーレバーアーム制御リミットスイッチ,lookhu.com,SPDT /marimonda734457.html,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 制御部品,NO,+,849円,HL-5000,NCモーメンタリロータリーローラーレバーアーム制御リミットスイッチ,lookhu.com,SPDT 849円 HL-5000 SPDT NO + NCモーメンタリロータリーローラーレバーアーム制御リミットスイッチ 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 制御部品

捧呈 おすすめ特集 HL-5000 SPDT NO + NCモーメンタリロータリーローラーレバーアーム制御リミットスイッチ

HL-5000 SPDT NO + NCモーメンタリロータリーローラーレバーアーム制御リミットスイッチ

849円

HL-5000 SPDT NO + NCモーメンタリロータリーローラーレバーアーム制御リミットスイッチ

商品の説明


仕様:
製品名リミットスイッチ型番HL-5000アクチュエータ動作モーメンタリアクチュエータタイプロータリーローラーレバー接点タイプ1NC + 1NO(SPDT)定格AC 250V3A電源5A250VAC0.4A 125VDC0.2A250VDCローラーホイールサイズ18 x 7mm / 0.7 "x 0.3"(直径* H)レバーアームの長さ45mm /1.8 "合計サイズ130x 33 x 60mm / 5.1" x 1.3 "x 2.4"(L * W * H)材質ゴム、プラスチック、金属正味重量161gパッケージの内容1xリミットスイッチ
説明:
このリミットスイッチは、機械やプラントの可動部分の位置を監視するために、さまざまな機械で広く使用できます。
端子制限保護用の回路、制御回路、補助回路に使用できます。
安全で信頼性が高く、防塵・防油、設置サイズが小さく、汎用品です。
さまざまなコネクティングロッドまたは接触ヘッドと互換性があります。
レバーアームは左右に回転させることができます。

HL-5000 SPDT NO + NCモーメンタリロータリーローラーレバーアーム制御リミットスイッチ

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »